「jitsi Meet」はインストールした直後は、誰でも会議室を作ることができます。

そんな「Jitsi Meet」で、会議室を作れる人を限定するためにユーザー認証を追加します。

LDAPとの連動なんかもできるようなのですが、ここではユーザー登録を行う方法を記載します。

なお、ドメイン名は”jit01.kumakake.com”とします。

各種設定ファイルを編集します

/etc/prosody/conf.avail/jit01.kumakake.com.cfg.lua

認証方式の変更

— authentication = “anonymous”
authentication = “internal_plain”

追加する

VirtualHost “guest.jit01.kumakake.com”
  authentication = “anonymous”
  c2s_require_encryption = false

/etc/jitsi/jicofo/sip-communicator.properties

追加する

org.jitsi.jicofo.auth.URL=XMPP:jit01.kumakake.com

/etc/jitsi/meet/jit01.kumakake.com-config.js

hostに追加する

hosts: {

anonymousdomain: ‘guest.jit01.kumakake.com’,

}

ユーザーを作成します

ユーザー:kuma3

パスワード: pass

$ sudo prosodyctl register kuma3 jit01.kumakake.com pass

各サーバを起動します。

$ sudo systemctl restart jicofo
$ sudo systemctl restart jitsi-videobrige
$ sudo systemctl restart prosody
$ sudo systemctl restart nginx

会議室を作ってみましょう。

会議室を作ろうとしたら、下記のダイアログが表示されます。

「私はホストです」をクリックするとログイン画面が表示されます。

認証されると、会議室が表示されます。